スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】ALIS定例会特別企画 クラウドファンディング報告・講演会

2014.08.18
こんにちは、水上です。
8月9日(土)に筑波大学春日エリアにて、クウンドファウンディング報告・講演会を実施しました。詳細は以下の通りです。

【イベント詳細】
日時:8月9日(土)14時~16時
場所:筑波大学春日エリアメディアユニオン3階共同会議室
https://www.tsukuba.ac.jp/access/map_kasuga.html

タイムテーブル
13:30〜14:00:受付
14:00〜14:05:冒頭説明
14:05〜14:25:事件概要と調査報告/赤山みほ(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科)
14:25〜14:55:日本最大級の読書SNSの中の人から見た図書館とアンネの日記破損事件/大西隆幸(株式会社ブクログ)
15:05〜15:35:図書館と資料毀損: 表現の自由の視点から/木川田朱美(桜の聖母短期大学助教)
15:35〜16:05:アンネの日記破損事件、海外での受け止めかた/アルファブロガーfinalvent
16:05〜16:35:質疑応答
16:35〜17:00:茶話会(フリートーク)
(当日は木川田さんが急病により欠席)

【関連リンク】
ALISブログ:ALIS定例会特別企画 クラウドファウンディング報告・講演会
READYFOR?:公立図書館に『アンネの日記』など376冊の本を寄贈したい!

【イベント報告】
Togetter:ALIS定例会特別企画クラウドファウンディング報告・講演会
図書館学の門をたたく**えるえす:「アンネの日記」破損事件にみる海外と国内における報道の違い:「アンネの日記」破損事件クラウドファウンディング報告・講演会に行ってきました

【感想】
当日は35名と多くの方にご参加いただきました。会場の関係で早めに申込みを締め切ったため、参加を断念した方も居たとお聞きし、申し訳なく思うと同時にこの事件への関心の高さを実感いたしました。

赤山さんによる事件概要及び被害状況の調査報告により、被害を受けた図書館の状況をより詳細に知ることができました。その状況に対してどう寄贈していくか、図書館側の希望を伺いながら進めていっていることが伺えました。続いて大西さんによるブクログとしての視点での報告は、普段図書館関係者の視点に囚われてしまいがちな私にとってとても新鮮なものでした。「どうやれば、このプロジェクトはいろいろな人に届いたと多いますか?」という問いは、インターネットの使い方含めとても考えさせられる問いでした。finalventさんによる「アンネの日記」事件に対する海外での反応にて、破損対象が「アンネの日記」だったために反ユダヤ主義に関する問題になってしまったという報告は、正直とても驚きました。「アンネの日記」に対する捉え方の日本と海外での違い等そのギャップに驚くばかりではなく、別のトピックスの事件に対してもこのような認識の違いが背景にある可能性があるということを念頭に置かなければならないと感じました。

赤山さん、大西さん、finalventさんそれぞれの独自の視点による発表を合わせて聞くことで、この「アンネの日記」事件への理解を深め、また自分には何が出来るのかということを一参加者として考えることができました。「アンネの日記」事件を多角的に見ることは、「アンネの日記」事件だけでなく様々なことに対して多角的に見ていくことのヒントとなったのではないでしょうか。

発表者の皆様及びご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。