スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて

2010.06.21
はじめまして。
筑波大学のariyosi,humottyです。
このブログは、図書館情報学を学ぶ学生のコミュニティとして立ち上げたALISのについてのブログです。
もしよろしければ、ご覧になっていってください♪


-図書館情報学若手の会構想-
そもそもの発端は、図書館情報学という世間一般ではマイナーな(^^;)学問を学ぶ学生の端くれである自分たちが、他にも同じテーマについて勉強する、同じ学生たちと知り合いたい、お話したい、と考えたことでした。
辺境の地で学んでいることもあって、普段では中々他大学の学生さんたちとはお知り合いになる機会もあまりありません。
だったら、「図書館情報学」を合言葉に、学んでいる人たちや、それに限らず広く興味関心を持つ人たちを集めて、相互に交流を持てるコミュニティ(ネットワーク)を作りたいと思ったのです。
こうして、ALISを作ることになりました。


-ALIS(=Around Library and Information Science)という名前の由来-
ALIS(Around Library and Information Science)という名前を聞いて、不思議に思う人もいるかもしれません。
"Around"は前置詞。
本来なら、前置詞の前にAssociationやStudentsなど、なんらかの名詞が入るはずです。

でもあえて名詞を入れないことによって、みんなが集まってつくる「何か」は、既存の枠組みに縛られない自由な関係であるということを表したかったのです。

この会は、まだ始まったばかり。
(図書館情報学分野における)学生間のコミュニティ(ネットワーク)は、新しい試みです。
この、"Around"の前には何がくるのか(group, network, communication, association, students, pupil,…など)というのは、用意された何かではなくて、これから集まるみんなで考えて作っていきたいと思います。

どういうものが作れるか、自分たちの繋がりは何なのかは、それぞれ考えてほしい。
それは、参加した人たちの分だけ違う形があるはずだから。

そういった意味を込めて、あえて主体となる名詞を持ってこずに、Around Library Information and Scienceとしました。

図書館情報学の周りにいるひとたち。
図書館情報学の周りにあるものたち。
関連しているものは、たとえば経済学でも哲学でも、図書館情報学の学際性の高さを活かしたネットワークをつくっていきたいと思っています。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。